金融機関の中から銀行からの借入を選んだ理由

金融機関の中から銀行からの借入を選んだ理由

車の購入を考えていたのですが、一括で支払うのは無理なので、ローンを組むことにしました。そこで真っ先に浮かんだのは消費者金融です。理由は単純で、借入がしやすいからです。特に面倒な手続きもなくすぐにお金を貸してもらえるイメージです。返済さえ滞らなければとても使い勝手が良い金融機関です。

 

そのため正式に申し込んでみるつもりだったのですが、周りの人たちに猛反対されてしまいました。法外な金利を支払う羽目になるというのが主なものでした。念のため自分でも調べてみたら、法外は言い過ぎでも、確かに金利はそれほど安いというわけでありません。

 

では、どこで借入をすれば良いのかと考えると、銀行しか選択肢がないのです。ただ、簡単には貸してもらえる感じがしないですし、何となく敷居が高いので避けたかったです。おまけに審査が厳しいと話に聞いていたので、尻込みしてしまいます。

 

ところが実際にお願いしてみると、それほど大変ではなかったです。ちなみに私の年収は五百万円で、中小企業の社員なのです。それでもあっさりと審査を通過できました。しかも嬉しいことに消費者金融に比べるとかなり金利が安かったです。加えて、カーナビやタイヤなどの車の購入に関わるものなら、すべてローンで賄えたのは助かりました。